· 

バランスボール腕立て伏せと通常の腕立て伏せの効果の違い!

ご覧の皆様こんにちは!

 

北九州市小倉南区のパーソナルジム「イマナミジム」トレーナーの今浪勉です!

 

今回のブログではバランスボール腕立て伏せと、通常の腕立て伏せの効果の違いについてお伝えします。

 

バランスボール腕立て伏せは下の写真のように手や足の下にバランスボールを置いた状態で行う腕立て伏せで、通常の腕立てでは物足りない方や、ご自宅でのトレーニングの強度を高めたい方などにオススメです!

バランスボール腕立て伏せの紹介

バランスボール腕立て伏せでは、通常の腕立て伏せと同様に胸の筋肉(大胸筋)や二の腕の筋肉(上腕三頭筋)、肩の筋肉(三角筋)などを鍛える事ができますが、重点的に鍛えられる部位など通常の腕立て伏せとは効果に違いがあります。

通常の腕立て伏せの説明
通常の腕立て伏せで鍛えられる筋肉の説明

手の下にボールを置いて行う場合は、通常の腕立て伏せで鍛えられる筋肉に加えて、棘上筋や肩甲下筋など肩のインナーマッスルと呼ばれる筋肉も強く刺激する事ができ、インナーマッスルを鍛える事でスポーツのパフォーマンスアップやケガの予防効果なども期待できます。

肩のインナーマッスルの紹介

また、手の下にボールを置いて行う場合は、体幹に対して少し斜め下方向に腕を押し出す形になるので、胸の筋肉の大胸筋の中でも下部(下の方)を鍛える効果が通常の腕立て伏せよりも強くなります。

大胸筋の下部の説明

バランスボール腕立て伏せを行う際のやり方やトレーニングフォームなどは基本的に通常の腕立て伏せと同じですが、手の下にボールを置いて行う場合は、肩の真下にボールが来るように意識して行うようにしましょう!

肩とボールの位置の説明

バランスボール腕立て伏せで足の下にボールを置いて行う場合は、通常の腕立て伏せと比べて太ももの筋肉(大腿四頭筋)や、お尻の筋肉(大殿筋)を鍛える効果が強くなります。

大腿四頭筋と大殿筋の紹介

また、足の下にボールを置いて行う場合は、体幹に対して少し斜め上方向に向かって腕を押し出す形になるので、大胸筋の中でも上部(上の方)を鍛える効果も強くなります。

 

つまり、バランスボール腕立て伏せで手の下にボールを置いて行う場合は通常の腕立て伏せよりも肩のインナーマッスルや大胸筋下部を鍛える効果が高く、足の下にボールを置いて行う場合は通常の腕立て伏せと比べて、太ももやお尻筋肉、大胸筋上部を鍛える効果が高いという違いがあるという事です。

 

バランスボール腕立て伏せを行う際は今回ご紹介した内容を参考に、ご自分の目的に合った位置にボールを置いて行うようにしましょう!

 

通常の腕立て伏せよりも効果の高いバランスボール腕立て伏せをですが、足の下にボールを置いて行う場合は特に腰が反りやすくなります。

 

腰が反り過ぎると腰痛の原因になる事があるので、バランスボール腕立て伏せを行う際は体を真っ直ぐな状態に保ち、腰が反り過ぎないように注意して行いましょう。

腰を反らせない説明

というわけで、バランスボール腕立て伏せと通常の腕立て伏せの効果の違いについてのお話でした!

 

腕立て伏せについてコチラ↓の記事もオススメです!

ぜひ、ご覧ください!

腕立て伏せの負荷は体重の何%?実際の測定結果をご紹介!

 

腕立て伏せの負荷を上げる方法と下げる方法を紹介します!

 

腕立て伏せで脇を締めるやり方の効果と注意点を解説します!

  

ではでは、本日はこの辺で失礼致しマッスル!\(^o^)/